未分類

 

 

 

改良前

 

 

トレーリングストップの追加

 

 

Wallaby V1

WallabyはEUR/JPY専用の純粋な順張りEAで、USD/JPY版のMarmot V3の兄弟EAになります。

複数の時間軸の複数の移動平均線を使ってトレンドを判定し、移動平均線のクロスでエントリー、最大で金曜日の21時まで保有するスイングEAです。

 

takeprofit(TP): 1,000 pips

stoploss(SL):  35 pips

最大保有ポジション数: 1

 

 

フォワードテストでモニターしているワラビーの負けが、少し気になっていたので、今回、トレーリングストップの追加を検討しました。

これにより、上図のように最大ドローダウン、勝率などが少し改善しました。

実際に運用していると、『負けるものだとわかっていても、負けると嫌なもの』ですよね。

この勝率30%から35%への5%の改善は、実は効果が大きいのかなと感じています。

 

損益レシオは、v1.01ではトレーリングストップに引っかかって利益が限定される分、どうしても下がります。

(トレーリングストップのデメリットの部分です。)

 

損益レシオ:(平均利益)÷(平均損失)

Wallaby v1.00: (129.49)÷ (29.99)= 4.00

Wallaby v1.01: (94.89)÷ (29.11)= 3.00

 

ストップロス値については、結局、35 pipsが最適ということで、落ち着きました。

負ける時は、潔く負けろっ!ってことでしょうか・・・^^;

ただ、連続負け数は10と相変わらず。。。

 

ワラビーのトレード頻度は週1くらいなので、連続負け数10というと、約10週間(2カ月ちょい)負けっぱなしになる可能性があるということ・・・。

そう考えると、やはりこの手のEAは勝率の高いスキャルピングEAなどとバランスを取って運用しないと、精神的にきついでしょうね。

このあたりのロットバランスの取り方については、いずれまとめてみたいと思います。

 

全体的に見て、改良版ワラビーでは、損益曲線が落ち着いたように思います

(総利益は少し減ってはいますが・・・。トレーリングストップを付けたわけなのでやむを得ないところです。)

 

早速、ver.1.01に入れ替えて、フォワードテストを続けたいと思います。

 

 

Penguin

 

未分類

日経平均20,000円越え!

ブログ記事を書いている隙に、日経平均が20,000円を超えました!

何を隠そう、私、日経225の先物もトレードしてまして。。。^^;

完全に機を逸しました。。。

 

 

 

ちなみに上のチャートは、Titan FXのメタトレーダー(MT4)JPN225(CME日経225先物)になります。

MT4なのでスプレッドが広いのは難点ですが、Expert Advisor(EA)が使えるのと、発注、注文の変更を簡単にできるのは便利です。MT4の最大の武器です。

 

こっそりと225用のEAを作ってスキャルピングなどをしています(^^;

 

ただ、普段は、このチャートを開いておいて、日本のオンライン証券の口座でスマホを使って発注することが多いです。

たまーに、MT4でポチッとする感じです・・・(笑)

 

 

EURJPY用スイングEA Wallaby

さて、今日は、現在フォワード中で、改良検討中のEAのご紹介です。

『出来上がってから告知しろっ!』と怒られそうですが、私のリマインダー記事だと思ってお付き合いください。

 

マーモット祭りでご試用頂いているMarmot V3(マーモット)は、USDJPYの1時間足を用いた典型的な順張りスイングですが、実は『Wallaby(ワラビー)』という弟がおりまして・・・。

対象通貨がEURJPYという以外は、Marmot V3と同じ仕様のEAです。

 

 

 

1勝7敗。。。

いまいち成績が振るいません。

 

ワラビーのストップロス値は35 pips。

やはりEURJPYでは無理があるんでしょうかね。。。

 

ストップロスの値の調整に加えて、トレーリングストップの追加なども検討してみようかと思っています。

ワラビーが完成すれば、マーモットの負担も半分にできるので、口座全体が安定します。

 

乞うご期待です。

 

 

まぁ、負けるときは負けてますかね・・・^^;

 

 

 

 

Penguin

未分類

めったに書かないですが、たまには裁量ネタを・・・。

 

 

「カナダ経済堅調」ということで、5月に入ってカナダドルが上昇に転じています。

この流れに乗るべく、ここのところ、USDCADを売り目線でチャンスを伺っておりました。

(そう、、、裁量トレード復活です!)

 

私の裁量トレードの主な方法は、移動平均線等でトレンドを確認しながら、MACDのZero Line Crossでの転換を狙う手法です(初心に帰って。。。)。

 

そして、昨日。。。

 

USDCADの戻り売り、大成功です!

 

 

23:00:カナダ中銀の政策金利発表。

市場の予想通り、0.5%で据え置き。

ただ、同時に発表された声明で「最近の経済データには勇気づけられる」とカナダ経済の好調が伝えられるや、カナダドルが上昇!

 

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

 

 

 

 

そして、ドキドキしながらポジションを確認してみると・・・

 

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

 

手数料を引いて、+83円。

決済されておりました(泣)

 

そう、小心者の私は、利益が乗ってきたところで、ストップロスの値をほぼ建値付近に変更していたのです・・・。^^;

安心しきってチャートを見ていなかった私が悪いのですけどね・・・。

上げきていたのも知らずに。。。

 

あまりのショックに、記事にしました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「シロクマ感謝祭」

さて、好評をいただいております「シロクマ感謝祭」ですが、残り8本となりました。

5月末までですので、ご興味のある方はこの機会にどうぞ!

White Bear Z USDJPY、定価50,000円。 約40%OFFの29,800 円! 

販売本数は、限定30本 残り8本 (2017.5.25  11:00現在)

期間は、5月末日まで。

5月末日以前でも、30本に達した時点で終了となります。

 

 

割引販売は、直販店である【ペンギンのお店】でのみの実施です。

この機会に是非どうぞ!

 

ペンギンのお店  へ急げ! 

 

 

fx-on様などの販売サイトでの販売の場合、特商表示が販売サイト様となっており、サポートの主体は販売サイト様となります。fx-onさんでの販売価格が高いのは、fx-onさんによるサポート代も入っていると思っていただければ幸いです。

 

未分類

有料EAと無料EA

 

『有料で買ったEAが、無料で同じものを使えるのはどうか・・・。』

という意見は昔からよく聞きますね。

 

私も最初は、無料EAには機能制限したものを・・・と思って作ってはいましたが。。。

今は違います。

 

有料EAと無料EAの違いをまとめてみると、

 

有料EA

  • ブローカーの選択が自由。
  • EA代金は比較的高額。
  • キャッシュバックサイトの利用で、スプレッドの一部に相当する額をキャッシュバックできる。
  • ある程度運用資金が潤沢にあれば、数カ月~1年程度でEA代金の回収が可能。
  • 回収後はキャッシュバック分の利益。
  • EAの変更毎に購入費用が発生。

 

料EA

  • ブローカー縛りあり。
  • EA代金は無料(例えば、TRADERS-proに登録されているEAをそれぞれ購入してポートフォリオを組むとすると、少なくとも数十万円は必要)。
  • 通常キャッシュバックはない。キャッシュバックがある場合は、スプレッドが広い。。。
  • EAの入れ替えが自由(費用がかからない)。

 

こうやってみると、有料EAと無料EAは、同じ土俵で比較するものではないというのがおわかりになるかと思います。

自分の投資スタイルや資金量で使い分ければ良いと思います

 

 

EAの価格は高い?

 

ついでに、EAの価格について・・・

制作者としては5万円でも安いと思っています。

私自身、EAを買ってた頃は、3万円の出費でも清水の舞台から飛び降りる感じでしたけどね・・・笑

 

たかがプログラム、されどプログラム。

Microsoft Officeだって、直接、お金を生み出すことはありません。

 

 

目利きになろう!

 

もちろん『はずれ』もたくさんある世界なので、なるべく早く良いものに巡り合うために、目を養いましょう!

そのためには、まずは数をこなすことです。

 

takeprofit=0.5 pips,  stoploss無しというEAを作ったことがありますが、たかが0.5 pipsなのに利確できず、3年間保有し続けたなどの例も・・・。

ここまで極端じゃなくてもマーチンゲールタイプの中にこういうタイプは多いです。

 

ぱっと見、資産曲線から判断するのは難しいです。

まずは、バックテスト結果を詳しくみて、だいたいどのようなEAなのかわかるようになりましょう。

 

次に、小額でいいので実際に運用してみることです。

デモが可能ならデモでも良いですが・・・。

含み損も含めて、実際に負けを経験すると理解は早いです ^^;

 

先ほどのマーチンゲールタイプなどでは一気に資金を無くすこともあり得ます。

また、スキャルピングでもポジション数やロットを大きくしすぎたりするのも危険です。

リスク管理は大事です。

 

また、実際に使ってみてわかるのが、エントリーの頻度でしょうか。

ポジションを常に持っていたい性分の人にはエントリーの頻度は大事ですよね。

私のEAなどは物足りない部類でしょうね。。。

 

宣伝になってしまいますが、いろいろ試すには無料EAサイトでEAを物色するのもいいですよ。

無料EAサイトのEAは使い続けてもらってなんぼですから、完成度は高いです。

海外のフォーラムなどで多くのEAが無料で公開されていますが、良いものは稀です。

プログラムの勉強にはいいのですが・・・。私もだいぶ利用させていただきました。^^

 

まずは、試すのが一番です。

無料EAサイトで自分に合ったものを見つけましょう!
TRADERS-pro【トレプロ】

 

 

それから買ってください。。。(笑)

2016年 fx-on 売れ筋No.1 EA! シロクマの集大成!
White Bear Z USDJPY | fx-on.com

 

未分類

White Bear Z USDJPY 利用者数 

 

600名達成!

  (599名の記事を書いている途中にお一方ご購入頂いたようで・・・感謝です)

fx-onでの、White Bear Z USDJPYの利用者数が600名に達しました!

ここまで結構、時間がかかりました。。。

もし、White Bear Z USDJPYが、White Bear V3よりも先に世に出ていたら、600本達成はもっと早かったかもしれませんね ^^

しかし、Zが生まれた背景を考えれば、その順番はあり得ないか・・・。

 

Zが生まれた日

White Bear Z に搭載しているトレンドフィルターを開発した時の事は今でも鮮明に覚えています。

MT4付属のインジケーターをチャートに設置して、いつものように「普通の使い方」を無視して眺めてました。

その時、ひらめいたのです   ^^;

冴えている時は、冴えているというべきか。。。

Zのトレンドフィルターは計算式こそ簡単ではありませんが(理解に苦しむ?)、元々はMT4付属のインジ由来なのです。

できあがった時は身震いしながら、このことを誰かに話したくて、

ペンギンのお店の副店長のasajiroさんに「USDJPYシロクマができるかも!」とSkypeでメッセージしていました(笑)

それまではEURUSD版のWhite Bearしかなかったわけですから。

 

2年7か月

あれから2年と7カ月が経過しました。

USDJPY版シロクマは、まだ粛々と頑張っています。

もちろん、いつか使い物にならなくなる日が来るかもしれません。。。

でも、それがいつなのかは誰にもわかりません。

ただただ、好調が持続することを祈るのみです。