BlackCat_X

BlackCat_Xは、最大保有ポジションが3つのWBXをベースにして、1ポジションEAとし通貨ペア毎に最適化しました。(単純にWBXから切り離しただけではありません。)

WBX (White Bear X )

TitanFXさんのホームページの一番上のメニューに「タイタンFX研究所」というサイトがあります。

昨年(2023年)オープンしたこのサイトには、TitanFX社さんの自社開発のMT5/MT4 EAやインジケーターがランキング形式で掲載されている他、市場分析やMT5/MT4の使い方などが分かりやすくまとめられています。

BlackCat_X

WBXがトレードチャンスを逃がさないように最大保有ポジションを3つとしているわけですが、当然ながら、安心設計の1ポジEAにトライしたくなるわけで・・・。

WBXの3ポジションから1ポジション分だけを切り離しただけでは、長期バックテストにおいて安定した成績は得られませんでした。そこで、通貨ペアをEURUSDに絞り、エントリー・クローズフィルターの再構築、パラメーターの最適化を行いました。

WBX (White Bear X )

前回ご紹介したWBXですが、現在、鋭意フォワードテストを実施中です!

しかし、ここで大きな問題が・・・。

直近2,3年、トレード数が激減しているようで、フォワードテストを開始してから約1カ月、エントリーしていない通貨ペアが出てきました・・・。

WBX (White Bear X )

長らくWhite Bear Z、ZZが活躍してきましたが、そろそろ限界っぽいので、2024年初春、これらに代わるEAとして、新たに開発したのがWhite Bear X(通称WBX)です。

今までのWhite Bearシリーズと同様、日本時間の朝をターゲットにした朝スキャですが、マイナススワップを回避するために、エントリー時間をロールオーバー後の1時間に限定しました。一方でトレード数を確保するために、フィルターの数を最小限にし、月曜日朝のトレード制限を外すなどの方策を講じています。