新EA Alnilam / ORION FXさん の評価 《2》 (2013.11.6)

昨日に引き続き、ORION FXさんの新EA Alnilam をテストしてみました。

このEAの最大の特徴は、リミット値(TP)とストップ値(SL)がほぼ同じくらいに設定されている点でしょうか。

もちろん、途中でクローズするために、すべてTP,SLで終わるわけではないですが、それでもスキャルピングにも関わらず損益レシオ(利益/損益)が0.6と精度の高さが伺えます。

AlnilamはCHFJPY5分足専用のスキャルピングEAです。

当然、スプレッドの影響を受けることは予想できますので、今回はスプレッド条件を変えてバックテストを行いました。

img20050101_01_Orion

 

前回と同じように、初期資金10,000ドルスタート、単利0.1 lot、直近1年間のバックテスト結果です。

ALA_SP1

※ スプレッド4.0のテストは、パラメーターの最大スプレッド4を5に変更して実施。

 

数値だけをピックアップすると、なんとかスプレッド3.0まではいけるのかなといった感じです。

 

《スプレッド1.0》

Alanilam_SP1.0

《スプレッド3.0》

Alanilam_SP3.0

 

実際問題、スプレッド3.0では、利益が少なくなっているので相対的にドローダウンが大きく感じます。このあたりが限界かなと思います。

そこで、CHFJPYのスプレッドをFX-ONさんのスプレッド比較で見てみると、

ALA_SP2

赤で囲んだあたりがスプレッド3.0以下のブローカーです(日本時間17時頃の値)。

日本のブローカーでは、OANDA Japan、GKFX、アヴァトレード、FXCMジャパンあたりはOK。

アルパリジャパン、サイバーエージェントFX、FXトレードフィナンシャルあたりはOUTといった感じでしょうか。

また、myfxbookにも、スプレッド比較のページがありますので、参考になるかと思います。

 

Alnilam も White Bearと同様スプレッドには敏感なようですので、より有利なスプレッド条件のブローカーでのご利用をお勧めします。

高性能スキャルピングシステム(指標バスター対応)

Alnilam/ORION FX

FX-ONにて好評発売中!

 

ブログランキングに参加しています。是非、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

にほんブログ村

Penguin penguin_chibi

penguin_ashiato