あらためてアルパリジャパンのスプレッドは魅力的(2014.1.9)

今日は、FX自動売買を行う上でまず最初に立ちはだかるブローカー選びについて、ちょっと考えて見ましょう。

アルパリ

FX自動売買を行う上で、海外口座を開くのか、国内口座を開くのか、悩ましいところですね。

国内口座のほうが安心であるのは間違いないのですが、問題は個人口座ではレバレッジが25倍までしかかけることができないこと・・・。

 

■レバレッジ25倍と500倍での必要証拠金の差

例えば、(A)レバレッジ500倍の海外口座と(B)レバレッジ25倍の国内口座があったとします。

まず必要となるのが証拠金、

0.1lot(1万通貨)あたり必要な証拠金は

line2

レバレッジ ×1     10,000ドル

レバレッジ  ×10        1,000ドル

レバレッジ ×25   400ドル



レバレッジ ×500   20ドル

line2

そう一万通貨のトレードで、これだけ違うのです・・・。

White Bear V3の最大ポジション数はWhite Bearモードが5、Brawon Bearモードが4なので、

(A)の海外口座だと180ドルの証拠金で済むところが、(B)の国内口座では3,600ドルもの
証拠金を確保しておく必要があります。

 

■ 考慮すべき含み損

さらに、FXで考慮しなければならないのは含み損。 そう、ストップ値が重要になってきます。

例えばWhite Bear V3で1ポジション(0.1Lot)がストップにかかると、約50~60ドルくらいの負けとなります。最大9ポジションがすべてストップにかかったと想定すると、540ドルはみておかないといけません。

ブローカーによって、証拠金維持率以下になると発注ができなくなり、さらに一定値を下回ると強制ロスカットをくらいます。

(B)の場合、口座残高3,600ドルだったとして、9ポジション保有すると、

9ポジション目を保有した時点で、証拠金維持率は100%をきり始めます・・・。

 

★証拠金維持率とは?

(実効証拠金÷建玉必要証拠金)×100=証拠金維持率(%)
例:実効証拠金が10万円で建玉必要証拠金が5万円のとき、(10万円÷5万円)×100=200(%)

 

強制ロスカットのルールはブローカによって異なり、例えばアルパリジャパンでは、証拠金維持率が100%を切った時点でロスカットのようです。

(ブローカーによっては50%まで許容されるところもあるようなので、一度ご利用のブローカーのロスカットルールを調べておくこおとをお勧めします。)

 

強制ロスカットが働くと、有無を言わさずにその時点で決済されますので、含み損が大きな損失に変わります。

ってことで、(A)の海外口座で最低720ドル、(B)の国内口座では最低4,140ドルないと使えないということになります。

 ただ、私の感覚では推奨Lotは10,000ドルで0.2 Lotくらいかなと思っていますので、White Bear V3だけを使うのなら、ぎりぎり使える範囲かと思います。

 (※もちろんポートフォリオ運用で、Lotを下げて使用する手はあります。)

 

■ アルパリジャパンの優位性

ここまではレバレッジ規制でレバレッジを上げることができない、つまりはLOTを上げられない国内業者のデメリットを述べてきましたが、国内業者を利用するメリットは当然あります。

当然ながら、安心は一番大きいです。

その他に、トレードを行う上での最大のメリットはスプレッドが狭いことです。

私も利用していますが、やはりアルパリジャパンのスプレッドは特に秀でています。

alpari2

Alpari J Spread

国内業者はスプレッドのキャッシュバックを行っていないので、その分、スプレッドを低く抑えることができるのでしょうね。

スプレッドの狭さはスキャルピングEAの生命線のようなものですので、手数料を払ってでもスプレッドが狭いところで運用するというのが私の持論です。

 

では、どれくらいの差が出るかというと、

◎ White Bear V3.16

2011.01.02 23:50 – 2013.12.30 23:59 (2011.01.01 – 2013.12.31)
初期資金10,000ドル、0.1 Lot単利

SP8

◆スプレッド1.6pips

PF: 3.65
勝率: 85.01%
最大DD: 337.06 (2.50%)
総利益: 3889.26ドル

◆スプレッド0.8pips(アルパリジャパン)

PF: 4.04
勝率: 87.92%
最大DD:333.06 (2.42%)
総利益: 4204.32ドル

総利益にこれだけ違いが出てきますので、たかがスプレッド、されど・・・といった感じでしょうか。

もちろん海外口座で、FXRoyalCashBackのようなスプレッドの一部をキャッシュバックしてくれるサイトなどを利用する際には、キャッシュバックの額がどれくらいになるのかも計算してみないと、どちらが有利かは判断できませんが・・・。

ちなみに、海外口座なら、Pepperstone+FXRoyalCashBackがおすすめです。

 

■ 忘れちゃいけないキャンペーン

自動売買を行う上で忘れちゃいけないのがEA代金。

White Bear V3で39,800円という値段を付けさせていただいていますが、海外製のEAに比べれば高いのはわかっています。

ただ、海外製の有名EAは、全世界に供給できるという点で、薄利多売は可能なわけです。

私がひいきにさせていただいているFX-ONさんも英語圏に進出されれば、私のEAも安く出来るのでしょうけどね(笑)

 

それはさておき、これからFX口座を開設しようと思っている方への情報です。

アルパリジャパンさんでは、私のEAをはじめとしていくつかのEAやMT4用ツールを、新規口座開設することで貰えるキャンペーンを実施中です。

アルパリジャパンタイアップキャンペーン一覧はこちら

 

海外口座で運用されている方も、White Bearだけはアルパリジャパンで・・・といった使い方もできますので、ご検討くださいね。

 

ご自身で選んだブローカーで使用するなら、口座フリー版をご利用くださいませ。

私のフラッグシップEAです。

トレード時間が短くなって、ストレスフリーに一歩近づいたシロクマ 君
Forex White Bear V3
Forex White Bear V3 | fx-on.com

 

ブログランキングに参加しています。是非、応援クリックをお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

にほんブログ村

Penguin penguin_chibi

penguin_ashiato