FXブローカー, VPS, トレプロ, 注目記事

 

 

エクイニクスって?

5大陸44都市にまたがる世界で最もネットワークに接続されたデータセンター内で、世界中のトップ企業を顧客、従業員、パートナーと接続している

http://www.equinix.co.jp/  より

 

イメージしにくいですね。^^;

 

 

エクイニクスを紹介した分かりやすい記事がありました!

東洋経済ONLINE「アマゾン、グーグルも頼るインフラ屋の正体」

 

記事をお読みになるとおわかりになるかと思いますが、今やインターネットの根幹を担っている企業といっても過言ではありません。

 

 

我らがFX業界も例外ではありません。

近年、エクイニクスサーバーを利用するブローカーが増えています。

FxPro、MyfxMarkets、XM、TitanFXなどもそうですね。

FXブローカーは、ニューヨークのNY4データセンター ロンドンのLD4データセンターに集中していて、相互接続しています。

 

※Beeks Financial Cloudのページに各FXブローカーのサーバーのローケーションとクロスコネクトの状況が掲載されてました。

(更新はされていないようですが・・・。) ➡ 個人トレーダー向けの接続環境

 

エクイニクスサーバーを使った自動売買取引のためのVPSサーバーを提供する会社が『Beeks Financial Cloud』で、超高速接続を実現しています。

つまり、FXブローカーのサーバーとVPSサーバーが同じ建物の中で、ケーブル一本で繋がっているイメージです。

 

どれくらい速いかというと、最短1ms(1/1,000秒)と世界最高水準。

https://www.beeksfinancialcloud.jp/  より

(現在、私が使用している日本のVPSからの接続の軽く100倍以上です。。。)

 

さて気になるお値段は?

少し高めの設定です。

 

やはり躊躇しますよね? ^^;

OANDAに口座を持っている場合は、OANDA割引価格で利用できます。

 

 

 

 

さらに、なんとこの度、TRADERS-proBeeksがタイアップした模様!

 

 

割引率を計算すると、ブロンズ:36.8%OFF、シルバー:38%OFF、ゴールド:42%OFF!

 

OANDA VPS: ニューヨーク(NY4)、東京(TY3)

TRADERS-pro VPS:ロンドン(LD4)、ニューヨーク(NY4)、東京(TY3)

 

 

TRADERS-pro VPSでは、ロンドンデータセンターLD4も選択できます!

ロンドンの LD4 には XM、FXPro、・・・が乗っかってるんですよね。^^;

このあたりOANDA VPSとの差別化を図ってますね。

 

ちょうど、リアル運用に使っているVPSが更新時ですので、LD4 を一つ契約してみたいと思います。

ゴールドの割引率は魅力的ですが・・・まずは、ブロンズかシルバーあたりで。^^;

 

TRADERS-proに会員登録しなくても利用できる?  みたいですが、せっかくなので『 無料会員登録してEAを見てってくださいね ^^;

超重要 ^^;



 

サーバーへの接続速度の違いがどれくらい私のEAに影響するのか?

についてはすぐにはわからないでしょうけど、接続速度自体はすぐにでもわかりますね。

また、ご報告します。

TRADERS-pro【トレプロ】

VPSのバナーはないのかしら・・・。

Penguin